PDFパスワードを忘れましたか?どうやってWindows 10でPDFのパスワードを速やかに解除しますか?

木村晴子 2019/9/20 | (0) コメント

現在、ペーパーレスのオフィスシーンが増えており、PDFのアプリケーションもますます広まっています、例えば電子契約はPDFアプリケーションの一つの例です。しかしながら、PDFのセキュリティ問題も出てきます。特に電子契約書や企業文書には機密情報が含まれてので、それらをPDFに変換してから暗号化します。しかし、時間が長く経って、しかも資料が多くて、PDFのパスワードを忘れがちです。正しいパスワードがないと、PDFドキュメントを開けない、それにAdobeも正式なPDFパスワードの解除ソフトを提供していません。でも、心配しないでください。内部データを破壊することなくPDFのパスワードをリカバリすることができます。本文では、PDFパスワードのロック解除に役立つ3つの方法を紹介します。

方法説明の前に、Adobe PDF暗号化の種類(開きパスワードと権限パスワード)について勉強しましょう。

PDFパスワードタイプ

  • 開きパスワード:ドキュメントの開きパスワードを設定した場合、ファイルを開く時にこの開きパスワードを入力する必要があります。

  • 権限パスワード:権限パスワードが付いてるPDFは、開きや読むことはできますが、正しいパスワードを入力しないと、コピー、修正、編集、印刷することはできません。

 

方法1:kali linuxコマンドを使用しPDFのパスワードを解除すること

QPDFは、linuxシステムベースのコマンドラインソフトであり、データを破壊しなく、PDFファイルを新しいPDFファイルに保存することができます、それに変換中にPDFのパスワードを削除できます、PDFのデータを心配しないでください、内容全体を保留できます。しかし、これはマンドラインモード方法であるので、ちょっと難しくリスクもあります、コンピュータの初心者であれば、PDFを破壊しないよう、この方法をお勧めません。

ステップ1: qPDFをインストールしてください。ただCTRL + ALT + Tを押し、ターミナルウィンドウを開き、コードを入力することです。

ステップ2:yを押し、LinuxにQPDFをインストールしてください。

PDFパスワードのロック解除

ステップ3:コンピュータにqPDFソフトをインストールした後、PDFファイルの暗号化されていないコピーを作成するには、次のコマンドを入力してください。

kali linuxコマンドを使用しPDFのパスワードを解除

ステップ4: --decryptコマンドを入力すると、新しく保護されていないPDFのコピーを作成します。PDFの保存ルート及びファイル名が聞かれる場合は、元のファイル名及びファイルの保存ルートに変更してください。

 

方法2: Dr.PDFパスワードのリカバリソフトウェアを使用すること

上記の方法が役立たない場合は、iSeePassword Dr.PDFが貴方の最終選択になります、これはパスワードで保護されたPDFファイルのロックを解除するために設計されるソフトウェアです。速やかにPDFファイルのパスワードをリカバリでき、しかもデータを破壊しない。このソフトはPDFにある2タイプのパスワードをリカバリできます、開きパスワードと権限パスワードです。そうすればPDFを自由に修正、印刷、コピーすることができます。それに、いままで何回ものソフト更新により、このソフトはAdobe全てのバージョンをサポートし、しかも128ビット&256 RC4の暗号化アルゴリズムもサポートしています。

PDFの開きパスワードについて、マスククラッキングもしくは辞書クラッキングの方法で開きパスワードをリカバリできます。我々のテストでは、Dr.Excelソフトウェアは、40分以内に5桁のパスワードをリカバリすることができます。 GPU加速プロセスをサポートし、お使いのコンピュータにグラフィックスカードを持っている場合は、パスワードのリカバリ速度が30倍に上がります。PDFの権限のパスワードについては、このソフトはPDFのコピーと修正の権限パスワードを削除でき、バッチ処理もサポートしています。

機能1。:PDFの開きパスワードをリカバリすること

ステップ1:まず、WindowsまたはMacコンピュータでDr.PDFソフトをダウンロードしインストールして、それを実行してください。下記インターフェイスが表示されます。それは前述の2つの機能を提供します。

ステップ2: PDFの開きパスワードについて、PDFファイルのロックを解除するため、一つ目の機能の[PDFのパスワードをリカバリ]を選択してください。そして、「ファイルを追加」ボタンをクリックし、保護されたPDFファイルをソフトにインポートしてください。

ステップ3:PDFをロードする時、該当する攻撃タイプを選択してください。辞書攻撃、マスク暴力攻撃と暴力攻撃という3種類があります。PDFのパスワードのロックを解除するため、こちらはマスクによるクラッキング方法を勧めします。この方法によってかかる時間が短いです。

ステップ4:パスワードのリカバリスピードを早くにするため、CPUとGPUを設定できます、そうするともっと早くパスワードを見つけられます。

ステップ5:すべてパラメータの設定を完了後、「スタート」ボタンをクリックし、PDFの開きパスワードを検索開始します。パスワードが見つかると、それがウィンドウに表示されます。

機能2:PDFの権限パスワードを解除すること

パスワードのPDFの権限を忘れてしまったら、セキュリティ設定の原因で、PDFへの編集、変更、コピー、および印刷ことができません。このソフトにより、暴力攻撃を使用せずにPDFから権限パスワードを削除できます。

ステップ1:メインインターフェイスで2番目のオプションを選択して、所有者/権限パスワードを削除必要のPDFを追加してください、一括にPDFファイル数十個か数百個を追加できます。

ステップ2:「削除」ボタンをクリックして開始してください。たった5-10秒で数百個のPDFパスワードを削除できます!

Dr.PDFソフトは、間違いなく最も強力なPDFパスワードを解除するソフトウェアです。データ等の変更をせずに速やかにPDFのパスワードを解除できます。こちらから強くお勧めます。

方法3:Chromeを使用してPDFのパスワードを解除すること

この方法は、WindowsとMacのすべてのChromeブラウザに適用されます。ChromeブラウザでPDFファイルを開き、それを新しいPDFファイルとして印刷してから簡単にPDFのパスワードを解除できます、そして同じのPDFファイルが生成し、このファイルはパスワードで保護されていないです。ただし、PDFは開きパスワードがない場合にのみこの方法が有効です。詳細手順は下記の通りです。

ステップ1:まず、ChromeブラウザからPDFファイルを開き、パスワードを入力してください。

Chromeを使用してPDFのパスワードを解除

ステップ2:次は、PDFツールバーにある「印刷」ボタンをクリックしてください。

「変更」ボタンをクリックし

ステップ3:「宛先」セクションに移動し、「変更」ボタンをクリックし、「PDFとして保存」を選択してください。

PDFパスワードのロック解除

ステップ4:これらの操作が完了したら、「保存」をクリックして、新しいPDFファイル名と保管位置を入力してください。元ファイルの内容と一緒だが、パスワードで保護されていません。

まとめ:

PDFの暗号化は非常に簡単ですが、パスワードを忘れら、パスワードの解除は結構ややこしいです、AdobeはPDFからパスワードを削除する公式の方法を提供していなく、元のパスワードを知っている場合の保護を無効にすることだけができます。だから、専門のソフトがないと、PDFのパスワードを解除することはとっても難しいです。iSeePassword Dr.PDFはこの問題を解決するための専門ソフトです、複雑なコマンドを入力する必要がない、簡単の手順で元のパスワードを見つかることができて、こちらは強くお勧めます。

木村晴子iSeePasswordサポートチームのメンバーであり、Windows業界に情熱を持ち、Windows関連の問題をサポートします。

その他の記事